むずむず脚症候群 冷やす 改善

むずむず脚症候群は冷やすことで症状が改善されるのか

スポンサーリンク

突然夜に体がむずむずとする病気をむずむず脚症候群と呼び、症状を抑えるために冷やすことで改善出来るか検証していきます。
冷やすという方法は打撲やねんざなどには効果がありますが、むずむず脚症候群については症状を改善することは出来ないです。
むずむず脚症候群を感じる患部を冷やすことで、その部分の血行が悪くなってしまいます。
患部に打撲やねんざなどによる炎症も発生していない状態なので、冷やすことで改善ではなく症状が悪化してしまうこともあります。
冷湿布や氷袋を使用している習慣は、一時的にむずむず脚症候群を改善することが出来ます。
しかしこれらの効果が切れてしまうと血行の流れが悪くなってしまい、むずむず脚症候群がさらに進行します。
血行の流れが悪くなってしまうため、むずむずと違和感を感じたり体が痒くなることもあります。
なので冷やすという応急処置方法については、むずむず脚症候群発症時には絶対に行わないようことを意識します。

スポンサーリンク

 むずむず脚症候群に対して冷やすという改善策について、逆に患部の血行を悪くしてしまうので症状を悪化させてしまいます。
そこでどのような改善方法があるか紹介していくと、患部を冷やすのではなく温めることでむずむず脚症候群を緩和出来ます。
体を温めることで血行が良くなり、お風呂での半身浴を長めに行うと症状を改善しやすくなります。
足に発症することが多い病気なので、半身浴を長時間行うだけでも足の血行が促進されます。
また睡眠前に温かい飲み物を飲むことでも、体の内側から体温を一時的に上げることが出来ます。
それによって血行だけでなく眠気も促進されるので、むずむず脚症候群の症状を和らげることが出来ます。
このような方法で体を温めると血行の流れも良くなるため、応急処置方法として利用出来ます。
これらの方法でも症状が改善されない時には、医療機関を受診して病気を治療します。
睡眠障害を扱っている診療科や病院で治療が可能なので、医療機関を受診する時間がある時に利用出来る方法です。

スポンサーリンク