むずむず脚症候群 パキシル 副作用

むずむず脚症候群治療薬に使用されるパキシルの副作用とは

スポンサーリンク

体が突然むずむずしたりかゆくなるむずむず脚症候群の治療薬として、病院でパキシルが処方されることがあります。
ですがその一方でパキシルは副作用もある医薬品となっており、1つめに性機能障害を発症することがあります。
パキシル使用者の8割近くが性機能障害を発症するほど危険な副作用で、むずむず脚症候群治療において注意が必要です。
特に所帯を持っている人がむずむず脚症候群を発症した場合において、この副作用に意識する必要があります。
パキシルを服用することで、性生活を行うに至って支障が出てしまう可能性が高いです。
これは日本のみならず世界各個でも問題視されている副作用で、むずむず脚症候群治療において使用が懸念されています。
しかし合併症を発症するといった副作用ではなく、パキシルの服用を止めるとこの副作用もなくなります。
これが1つめのパキシル服用時における副作用となっており、使用中は8割近くの確率で性機能障害を発症します。

スポンサーリンク

 むずむず脚症候群治療時においてパキシルという医薬品を使用した時に、2つめに発症する可能性がある副作用に眠気を感じやすくなります。
むずむず脚症候群は睡眠障害の一種となっており、中々眠れなくなってしまうことが症状の特徴です。
しかしパキシルを服用することによって、1日中眠気を感じてしまうことがあるので注意が必要です。
眠気を感じる時間帯には個人差がありますが、服用して半日から1日中眠くなってしまう場合には医師に相談する必要があります。
担当医に相談をして、むずむず脚症候群治療薬をパキシルではなく別の薬を処方してもらう対策が必要です。
また半日以下の眠気の場合でも、日常生活に支障をきたす場合にも薬を変更した方が良いです。
特に車掌やタクシードライバーのような、乗り物を運転する職に就いている場合にも要注意です。
これが2つめの副作用となっており、服用することで半日から1日の間眠気を感じてしまうことがあります。

スポンサーリンク