むずむず脚症候群 むくみ 対処方法

むずむず脚症候群やむくみの対処方法について等

スポンサーリンク

むずむず脚症候群とはその名前からも分かるように脚の疾患で、レストレスレッグス症候群と呼ばれる事もあります。
具体的には脚に形容しがたい不快感が発生するというもので、人によって様々な表現がされる事が多いです。
例えば脚の中を虫が這い回っているような感じがする、脚の奥のほうがむずむずする等と表現されます。
 またむずむず脚症候群は夕方から夜にかけて症状が現れやすいという特徴があり、加えて歩いている時は楽になります。
そのため夜中に部屋を歩き回る人も多く、寝不足に悩まされるケースも少なくないと言われています。
この状態が長く続くと慢性的な睡眠不足に陥り、日常生活に支障をきたす可能性も出てくるので早めに対処方法を講じるのが望ましいです。
 むずむず脚症候群が発生する原因については、脚の運動に関わる神経が異常に興奮する事が影響していると言われています。
通常であれば脚の神経が興奮してもドーパミンで抑制出来ますが、鉄分が不足するとドーパミンが作用せずに発症する事があります。
そのため極度の鉄分不足等で脳へ鉄分が充分に届かなかったりすると、それが影響して発症する可能性が高まります。

スポンサーリンク

 むずむず脚症候群の対処方法に関しては、軽度であれば普段の生活を見直す事で改善するケースもあります。
具体的には質の良い睡眠を取る事が大切なので、カフェインの摂取を控えたり規則正しい生活を送ったりするのが効果的とされています。
それ以外にも意識して鉄分を摂取する事や、栄養バランスが整った食事を心掛ける事も対処方法として有効だと言えます。
 ちなみにむずむず脚症候群を発症すると、それに合わせるように脚にむくみが発生する事も少なくないです。
そのため患者の中にはむくみが原因でむずむず脚症候群になったと勘違いする人もいますが、むくみが原因でこの疾患を発症する事はないです。
ただむずむず脚症候群も脚のむくみも両方とも鉄分不足で発生するため、むくみが同時に起こる事があります。
 この鉄分不足による脚のむくみへの対処方法としては、上記したように鉄分の摂取が有効な対処方法だと言えます。
鉄分を多く含むほうれん草やレバー等を積極的に食べるのも良いですし、サプリメントを利用するのも対処方法として効果的です。
また眠る前に脚のストレッチやマッサージを行うのも、むくみ解消には有効な対処方法となります。

スポンサーリンク