むずむず脚症候群 病院 何科

むずむず脚症候群は病院の何科を受診するべきか

スポンサーリンク

「足がむずむずして眠ることが出来ない「落ち着かない」などの症状が見られる場合には、むずむず脚症候群である可能性があります。
この病気は睡眠障害の一つであり、日本人の5%から10%程度の人に症状が見られるとも言われています。
むずむず脚症候群の症状の程度は個人差があり、病院での治療が必要になるほど症状が重い人は症状が見られる人の2割から3割程度とも言われています。
むずむず脚症候群、以前に比べるとその知名度は上がってきていますが、それでも一般的な症状であるとは言えません。
そのため、病院を受診したいけれど、何科を受診したら良いか分からないという人も多いようです。
むずむず脚症候群は、睡眠障害の一つですので、病気の何科を受診したら良いか分からないという場合には、睡眠外来などの睡眠に関する治療を専門的に行っているところが適していると言えます。
ただし、地域によっては睡眠外来などが無いというところもあります。
そのような場合には、神経内科や精神科など、一部の病院でもむずむず脚症候群の診療を行っていますので、相談をしてみましょう。

スポンサーリンク

むずむず脚症候群の症状に悩まされている場合、何科に相談したら良いか分からないという場合には、かかりつけ医がいる場合には、かかりつけ医の病院に相談をしてみましょう。
むずむず脚症候群の症状についてはもちろんのこと、病院の何科を受診したら良いかという相談をすることも出来ます。
また、病院の紹介を受けることが出来ることもありますので、スムーズに受診することが出来ることもあります。
むずむず脚症候群は症状を伝えることが難しい病気でもあります。
そのため、病院を受診しても、他の病気に間違えられてしまう可能性もあります。
そこで、診察を受ける時には、発症しやるい時間帯、詳しい症状などを伝えるようにしましょう。
これは、何科を受診したとしても重要なことです。
また、家族にも同じような症状が見られるかを問われることもありますので、可能であれば、あらかじめ確認をしましょう。
何科を受診するか迷っている場合には、とりあえず睡眠外来に相談、睡眠外来がない場合には、何科が良いかかかりつけ医に相談しましょう。

スポンサーリンク