むずむず脚症候群 運動不足 原因

むずむず脚症候群の原因の一つは運動不足

スポンサーリンク

むずむず脚症候群は、脳内の神経伝達物質であるドーパミンの機能障害や鉄欠乏、または遺伝的なものや何らかの病気が原因で起こったり、普段からの運動不足が原因で起こったりする病気です。
むずむず脚症候群の症状としては、とにかく足がむずむずしじっとしていられない状態になります。
叩いたり動かしたり歩き回ったりして気を紛らわせないといられなくなります。
特に夜布団に入っていざ寝ようとすると急に足に違和感を覚えるのです。
日中も症状が出ているのでしょうが、動き回っているためにほとんど感じないでいられるのです。
しかし、電車にのっていたり会議中であったりじっとしていなくてはならないときに症状が出ることもあります。
そうなると大変つらい状況にもなります。
眠るときに症状が出ると、なかなか眠れずに睡眠不足から、仕事や家事にも影響が出てきます。
日中に眠くて眠くて仕方がなくなってしまうのです。
運動不足が原因で症状が出るようであれば、何か簡単なスポーツを始めたりして見ましょう。

スポンサーリンク

このようなむずむず脚症候群の症状は精神的にも大変つらく時には、うつ病にもなりかねません。
むずむず脚症候群の原因が運動不足だけではない場合もあります。
病気が原因の場合は、鉄欠乏性貧血、パーキンソン病、脊髄疾患、関節リウマチ、多発神経炎など、適切な治療が必要な病気もあります。
必ず医療機関を受診して原因を把握してから、自分に合った対処法を見つけて日頃から運動不足を解消するように心がけましょう。
運動不足の解消として一番手軽なことは、就寝前の軽いウォーキングです。
それ以外の対処法としては、四肢のマッサージ、温かいお風呂に使ったり、夏場でしたら冷たいシャワーを浴びるなどが効果的です。
また、症状がでたら何かほかのことをして興味を他にそらすなどの対処法も良いのです。
むずむず脚症候群の症状の対処法は、運動不足の解消のように自分で対処できるものから、ちゃんと治療しなくてはいけないものとあります。
むずむず脚症候群の原因をはっきりさせるには、病院で検査をすることが一番大事なことです。
日頃の運動不足を解消するには、電車通勤なら一駅歩くなどの無理なくできることから始めるのもよい方法です。
むずむず脚症候群は放っておくと精神的にも辛い状態にまでなることもありますので、早めに受診して対処しましょう。

スポンサーリンク