背中 ムズムズ 対処方法

背中がムズムズする場合の対処方法などについて

スポンサーリンク

骨盤が歪むことで背中がムズムズすることがあります。
骨盤が歪むと背骨も歪むので、背中の筋肉や神経にストレスが溜まってムズムズします。
この場合の対処方法は、骨盤や背骨の歪みを正すことです。
辺りが暗くなってくる夕方頃から、背中にアリやミミズが這ったようにムズムズとした感覚が起こることがあります。
太ももからつま先にかけても、同じようなことが起こります。
背中などの、ムズムズを感じる部分をさするという対処方法で治ります。
しかし、しばらく経過するとまた同様の感覚が起こります。
背中などのムズムズがひどくなると、寝たくても寝られないという不眠症みたいな状態になります。
中には、慢性的な睡眠障害になってうつ病を発症する人もいます。
対処方法の一つが、食事で鉄分を多く摂取することです。
また、ムズムズが背中に起こって筋肉が硬くなっていれば誰かに指でマッサージをしてもらうとか、血行を良くするために湯船に浸かることが対処方法になります。

スポンサーリンク

自分で色々な対処方法を行っても改善されない場合は、病院を受診することが大切です。
睡眠障害に詳しい病院や、睡眠障害を扱う神経内科や精神科を受診すると良いです。
痒いからといって皮膚科を受診しても、原因に対する根本的な治療は行われないので注意が必要です。
神経内科における対処方法としては、ドーパミンの過剰分泌を抑えるための薬が処方されます。
昔は効果的な薬がありませんでしたが、現在では色々な医薬品が承認されて対処方法が確立されています。
ただし、優れた薬であっても筋肉の緊張やこわばりをほぐすことは難しいです。
薬の服用と並行して、リハビリテーションが充実している整形外科でマッサージをしてもらって筋肉のこわばりがほぐれると良いです。
ムズムズが起こる原因にはまだ不明な部分もありますが、身体に過度なストレスがかかることが引き金になると考えられています。
背中がムズムズすると、不快感を感じます。
そして、寝られないと余計にストレスが溜まる可能性があります。
自分一人で抱え込まないで、病院で相談することが大切です。

スポンサーリンク