腰 ムズムズ 原因

腰がムズムズ感じる原因とは何か

スポンサーリンク

むずむず脚症候群という病気を発症すると腰がムズムズしてしまうことがあり、原因についていくつかの可能性があります。
1つめの腰がムズムズする原因として、脳内のドーパミンという物質が正常に働いていない時に発症することがあります。
ドーパミンとは神経伝達物質のことで、正常に働かないことで脳や体に違和感を感じてしまうことがあります。
その結果腰のあたりがムズムズと感じることになり、違和感を感じたりかゆみを感じます。
このことが原因となった時の治療法として、鉄分を補給すると症状を改善することが出来ます。
ドーパミンは鉄分が不足することで分泌量が減少するため、食べ物やサプリメントなどで補給していきます。
また鉄分は貧血や生理などでも失われる成分なので、男性より女性の発症率が高くなっている病気でもあります。
これが1つめの腰がムズムズする原因となっており、ドーパミンの分泌量が減少することで体が違和感を感じることがあります。

スポンサーリンク

 2つめの腰がムズムズとする原因として考えられる可能性として、カフェインやアルコールの過剰摂取となります。
その原因を説明していくと、これらの成分に含まれている脳の覚醒作用が大きく関係しています。
脳が覚醒されることで眠れなくなってしまうので、それが原因となって夜に腰がムズムズすることがあります。
むずむず脚症候群は夜に発症することが多い病気で、コーヒーやお酒を飲む習慣があると腰がムズムズして眠れなくなります。
原因はカフェインやアルコールによるものなので、対策として夜にコーヒーやお酒を飲む回数を減らすことです。
これらの成分を摂取する回数を減らすことで、脳が覚醒状態にならないのできちんと夜に睡眠出来るようになります。
なので眠る前の習慣として、コーヒーやお酒を飲むクセがある場合には改善する必要があります。
このような習慣が症状を悪化させるケースもあるので、生活習慣や食生活を変えることで治療効果が得られることもあります。

スポンサーリンク