貧血 入院 輸血

貧血で入院した時の輸血治療について

スポンサーリンク

通常貧血という病気を発症すると軽いめまいや立ちくらみを感じることがあり、症状が重くなければ通院という形で治療可能です。
しかし逆に症状が悪化すると病院へ入院する必要があり、その際の治療法として輸血することがあります。
貧血で入院した時に輸血治療するケースとして、事故や外傷などにより大量出血した場合に行われる措置となります。
体内の血が大量に流れてしまうと、病院では輸血という形で治療をしていきます。
その際のポイントとして、必ず貧血によって体調不良を感じている血液型を病院や医療機関で調べます。
異なった血液型の輸血をしてしまうと、患者の赤血球が破壊されてしまいます。
さらに症状が悪化してしまうので、入院時に輸血が必要になった時には必ず病院で血液型を調べます。
また貧血で入院をするケースでは、症状が悪化している可能性が高いことも特徴です。
ですが初期症状であれば入院する可能性は低いので、そうなる前に鉄分を補給するなどして予防すると効果的です。

スポンサーリンク

 貧血によって一度に大量出血してしまった場合に、病院に入院をして輸血治療をすることがあります。
ですが症状が悪化してしまうと、再生不良性貧血という病気を発症してしまうことがあります。
これは貧血の症状が悪化した病気となっており、血液中の赤血球や血小板や白血球が作られなくなります。
病院での検査でこの病気が確認された場合でも、入院して輸血治療を行うケースがあります。
再生不良性貧血の場合には、薬を投与することで治療を進めてくことがあります。
ですがそれだけで完治しない場合には、輸血という形で血液中の赤血球や血小板などを増やしていきます。
また最悪の場合には、患者の骨髄移植という形で治療をしないといけないケースもあります。
そうなると輸血治療を行うだけでなく、病院に長期入院もしないと完治出来ない可能性が高くなります。
貧血という病気で入院する事例はけっして少なくないため、初期症状の内に早めに完治させる必要があります。

スポンサーリンク