むずむず脚症候群 アルコール 原因

アルコールが原因となりむずむず脚症候群を発症する理由

スポンサーリンク

むずむず脚症候群は足を中心に体がむずむずしてしまう病気となっており、お酒を飲む機会が多いと症状が悪化してしまうことが多いです。
その原因としてアルコールが関係しており、体内で分解されるとアセトアルデヒドという成分に変化します。
この成分は脳を覚醒させる作用があり、夜になっても中々眠れなくなってしまいます。
その結果むずむず脚症候群を発症しやすくなり、何もしていなくても体に違和感を感じてしまうことがあります。
これがアルコールがむずむず脚症候群を発症させる原因となっており、夜のお酒を飲むと逆効果になってしまいます。
特にお酒を飲む習慣がある場合には、症状を悪化させる原因となるので注意が必要です。
またアルコールは中々分解されない特徴もあるので、就寝前には飲酒は控えた方が良いです。
それに加えて眠れなくなってしまうため、体に疲労が蓄積されやすい点においても注意が必要です。
これがアルコールが原因となりむずむず脚症候群を発症させる理由で、脳が覚醒することが関係しています。

スポンサーリンク

 アルコールが体内に入ると脳が覚醒し興奮状態になってしまうので、むずむず脚症候群を発症させる原因になります。
ですが注意が必要なのはアルコールだけではなく、カフェインが原因となってむずむず脚症候群を発症することもあります。
むずむず脚症候群は日中よりも夜に発症しやすい病気で、カフェインには眠気覚ましの効果があります。
夜になると気温が下がると同時に体温も低下するため、その影響によってむずむず脚症候群を感じやすくなります。
さらにカフェインには眠気覚まし作用があるので、それが原因となって病気を悪化させることもあります。
アルコールと同様に夜眠れなくなってしまうため、就寝前にカフェインも出来るだけ摂取しない方が良いです。
カフェインが一度体内に入ると、体の外に排出されるまで4時間以上かかるのが特徴です。
夜眠れなくなってしまうことが原因となり、アルコールと同様にむずむず脚症候群治療の妨げとなることがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク