HbA1c 貧血 関係性

HbA1cと貧血などの関係性やフェリチン不足による貧血について

スポンサーリンク

貧血の種類によっては、赤血球中のヘモグロビンのうちどれくらいの割合が糖と結合しているのかを示すHbA1cと関係性があるものがあります。
HbA1cと関係性のあるものの一つが、溶血性貧血です。
これはアレルギーや細菌感染によって引き起されるもので、赤血球を壊す自己抗体が体内に作られます。
胆のうや脾臓の摘出が必要な場合もあるので、早期に適切な治療を受ける必要があります。
また、ヘモグロビンは貧血と関係性があると考えられていますが、HbA1c値は糖尿病と関係性があります。
HbA1cを調べることで過去1〜2ヶ月間の血糖値の平均値を知ることが可能なので、糖尿病かどうかを判断する上で最も重要になります。
ブトウ糖とヘモグロビンが結びついたものがグリコヘモグロビンで、グリコヘモグロビンの一つがHbA1cです。
したがって、HbA1cとヘモグロビンも関係性があります。
医師は、HbA1c値とヘモグロビン値の関係性を考慮して診断を行います。

スポンサーリンク

人間の体を構成する水溶性タンパク質の一種であるフェリチンは、鉄欠乏性貧血と関係性があります。
血液検査を行ってヘモグロビンや赤血球の値が正常なのに、鉄欠乏性貧血の発症に至る場合があります。
この場合に血液中のフェリチンの量を調べる検査を行うと、異常に値が低い場合があります。
フェリチンは内部に鉄を蓄えることができるので、血中の鉄分量が不足したときに調整してヘモグロビンの生成を助けます。
フェリチンが不足していると鉄の貯蔵量が減っていることになるので、フェリチンの値が一桁であるような場合にはかろうじてヘモグロビンや赤血球が正常値に保たれていることになります。
したがって、いつ貧血が起こっても不思議ではありません。
フェリチンが不足したときに出血によって鉄が失われたり細胞やエネルギーを作るために鉄が使われたりした場合は、貧血の症状が起こります。
フェリチン不足を解消するためには、鉄分の吸収を助ける働きのある食材を使って鉄分の吸収率を上げることが大切です。

スポンサーリンク