貧血 数値8.5 症状

貧血数値8.5の時の症状について

スポンサーリンク

医療機関での血液検査をした時に数値8.5という結果が出た場合には、貧血という病気と診断されます。
この数値が7から10の間になると、強い貧血を発症していると医療機関で診断されることが多いです。
その症状について説明すると、動悸や息切れを感じやすくなるので注意が必要です。
数値8.5は強い貧血と診断されることから、体にかかる負担も大きくなってしまうことが特徴となります。
数値8.5を記録した場合において、血液中の赤血球が減少している状態となっています。
脳や心臓に酸素が上手く循環されない状態となってしまい、これらの症状を同時に感じることがあります。
他にも立ちくらみやめまいといった症状を感じることも多く、数値8.5と診断された場合には医療機関での治療が不可欠となります。
また男女別に受診する診療科が異なり、男性の場合には内科を利用して症状を完治させます。
一方で女性が貧血を発症した場合には、婦人科や消化器科を受診して治療を進めていきます。

スポンサーリンク

 血液検査の結果数値8.5という記録が出ると強い貧血の可能性が高く、症状として立ちくらみや目まいを感じやすくなります。
ですが症状はこれだけではなく、数値8.5を記録する貧血によって異食症を発症してしまうこともあります。
異食症とは味覚障害の一種で、普段口にすることがない生米や土などを食べてしまうことがある病気です。
血液中の赤血球や鉄分が不足することによって、異食症という病気になってしまうことがあります。
数値8.5は強い貧血の症状が出ることが多いため、発症することで食べ物の味が分からなくなることもあります。
特に鉄分が不足することから、喉が渇いていなくても氷を食べたくなるという欲求に襲われることがあります。
数値8.5という危険な数値を記録しているため、医療機関もしくは専門医の治療を受ける必要があります。
貧血は軽度であれば比較的早く治せる病気なので、数値8.5を記録する前に鉄分を積極的に補給して予防する必要があります。

スポンサーリンク