むずむず脚症候群 治療 食事

食事療法でむずむず脚症候群を治療する

スポンサーリンク

足や腕などが突然むずむずしたりかゆくなるむずむず脚症候群の治療法として、薬の投与ではなく食事療法という形で完治出来ます。
1つめの食事療法を行う際のポイントとして、むずむず脚症候群治療において鉄分を積極的に補給します。
むずむず脚症候群はドーパミンの分泌量が減少することで、体にかゆみなどの違和感を感じさせることがあります。
そのため鉄分を補給することが出来る食材として、レバーや大豆食品やあさりなどの貝類を中心に食べるように心掛けます。
鉄分を補給するとドーパミンの分泌量も増加するため、その作用をむずむず脚症候群治療に利用することが出来ます。
またこれらの食材だけでなく、鉄分を補給出来るサプリメントを使用することでも同様の治療効果が得られます。
必要に応じてサプリメントを服用していき、普段の食事療法を合わせて利用すると効果的です。
これが1つめの食事療法のポイントとなり、鉄分を豊富に含んでいる食材を毎日の食生活に取り入れます。

スポンサーリンク

 2つめのむずむず脚症候群治療における食事療法のポイントとして、コーヒーやコーラなどの飲み物は控えることです。
これらの飲み物にはカフェインが含まれていますが、これがむずむず脚症候群の症状を促進させてしまいます。
カフェインは眠気覚まし効果がある成分ですが、この作用により夜眠れなくなってしまうことがあります。
そうするとむずむず脚症候群を感じやすくなるだけでなく、治療においても邪魔をしてしまいます。
なので食事療法でむずむず脚症候群を治療する場合には、コーラのようなカフェインが入っている飲み物は控えた方が良いです。
またたばこに含まれているニコチンという成分も、同様の理由で食事療法の効果を妨げてしまうことがあります。
ニコチンもカフェイン同様に脳の覚醒作用があるので、夜に喫煙すると眠れなくなってしまうことがあります。
なのでカフェインだけでなく、ニコチンもむずむず脚症候群治療中は補給しないように注意が必要です。

スポンサーリンク