むずむず脚症候群 幼児 原因

幼児のむずむず脚症候群の原因について等

スポンサーリンク

むずむず脚症候群とはその名前からも分かるように脚の疾患で、形容しがたい不快感が脚に発生するというものになります。
この疾患を発症した時の不快感は様々な言葉で表現されますが、例えば脚の奥のほうがムズムズするような感じがする等と表現されます。
この不快感は歩いていると和らぐという特徴があり、症状が現れている時に部屋中を歩き続けたりする人も少なくないです。
 またむずむず脚症候群は夕方から夜にかけて症状が現れやすいという特徴もあり、この疾患によって睡眠を妨げられる事も多くあります。
この状態が長く続くと慢性的な睡眠不足に陥るケースも少なくなく、日常生活に支障をきたしてしまう可能性も出てきます。
 むずむず脚症候群の原因については不明な点も多いのですが、遺伝的要素や極度の鉄分不足が原因に関係すると考えられています。
この疾患では脚の運動に関わる神経が、何等かの理由によって異常に興奮する事で発生しやすいと言われています。
鉄分が極度に減少するとこの運動に関わる神経の興奮を鎮めるのが難しくなり、その結果としてむずむず脚症候群を発症する事があるのです。

スポンサーリンク

 むずむず脚症候群の治療方法に関しては、軽度であれば日常生活を見直す事で治るという場合もあります。
具体的にはカフェインの摂取を控えたり夜更かしをしたりしない、バランスの整った食事を心掛ける等が挙げられます。
 こうした生活の見直しでも効果が出ない場合には薬物療法を行う事が多く、症状を緩和する作用のある薬等が処方されます。
 ちなみにむずむず脚症候群は大人のみならず幼児が発症する事もあるのですが、幼児の場合は発症原因が大人と少し異なります。
前述したように大人のむずむず脚症候群は極度の鉄分不足等が原因となりますが、幼児の場合は鉄分が足りていても発症してしまう事があります。
 幼児がむずむず脚症候群を発症してしまう一番の原因としては、遺伝的要素の影響が原因となって発症する事が多いと言われています。
具体的には脳に鉄分を送るシステムのどこかに遺伝的な異常があり、それが原因で脳が鉄分不足になり発症してしまうというものです。
 ちなみに幼児がこの疾患を発症している場合、その幼児の両親もむずむず脚症候群を発症しているケースが多いと言われています。
両親が発症している場合には幼児も発症する可能性が高まるので、普段から注意しておく事が大切になります。

スポンサーリンク